カジノでの一般的な平均予算

カジノはお金を持つ人しか遊ぶことが出来ないイメージがありますが、実際は大金を持っていなくても、カジノで遊ぶことが出来ます。確かに、バカラのように1回あたりの最低ベット額が高めに設定されているところでは、かなりの額がなければ、わずか数回で勝負が終わってしまうこともあります。ただ、1回あたりの最低ベット額が低いところであれば、それだけ多く勝負が出来ます。例えば、スロットは1セントから遊ぶことができるものがあり、最大限のベットをしても25セントにとどまるため、100ドルさえあれば、かなりの回数が出来ます。カジノの還元率は高いため、100ドルを片手にカジノに足を運び、1日中スロットに興じ、それでもまだ手元にお金が残っていることもあります。お金がなくても楽しむことは出来ます。

ゲームごとで平均予算を見ていくと、一番大きくなるのはバカラやブラックジャックなどのカードを使うゲームです。最低ベット額が数十ドルのところが多く、1ドルで遊ぶなどのことが出来ません。1回負ければそれだけで数十ドルを失うような状況となるため、1日バカラやブラックジャックで楽しむならば、少なくとも1000ドル単位のお金が必要です。スロットのように、1回の勝負が1ドルや2ドルで収まるようなものであれば、100ドルや200ドル程度でも十分楽しむことが出来ることを考えても、何で遊ぶのかによって、平均予算は大きく変わります。カジノに行く前から、何で遊びたいのかを決めておき、それだけで遊ぶことがおすすめです。予算の管理もしやすくなり、必要な金額しか持っていかないことで遊び過ぎることを防げます。

予算を決めれば、あとはそれに見合った遊びをしていくだけです。500ドルを持っていく場合、400ドルまではポーカーやルーレットで遊び、400ドルの損となれば、残りの100ドルの段階でスロットに変えて、そこで遊ぶというのもおすすめです。一方、スロットで遊んでいて、運よくジャックポットを当て、1000ドル以上の大当たりとなれば、利益分を丸々バカラやブラックジャックで遊ぶお金に回すことも出来ます。平均予算を知ることは、どのようにしてカジノで立ち回るのかを知ることでもあり、どのゲームも同じ単価で遊べるわけではないことがわかります。持っていくべき予算が分かれば、世界中にあるカジノに足を運ぶ時でも、決まった額を持っていくことが出来るため、熱くなるうちに使ってはいけないお金まで使ったということもなくなります。