カジノは閉鎖することもある

カジノに大金を預けておくことは危険です。預けていた大金が引き出せなくなってしまうこともあるからです。日本では賭博罪・常習賭博罪があるのでカジノは基本的に違法です。お金をかけずにスロットやポーカー、ブラックジャックなどを遊べるサイトもあります。そういったサイトでは、リアル感を出すためにポイントをかけられるようになっていることもあるようです。そのサイト内だけで使えるポイントならばよいですが、そのポイントをお金やギフト券に交換できる場合には、違法の疑いがあるので注意をしておいたほうがよいでしょう。違法のカジノは閉鎖に追い込まれてしまいますが、預けていたお金が戻ってこない可能性もあります。ポイントの場合には、そもそも失われても請求をすることはできないでしょう。日本のカジノでお金を儲けようとする行為は基本的におすすめできません。

【画像あり】初心者のためにブラックジャックのルールを細かく解説してみた|カジノ攻略法・必勝法

海外のカジノならば、その国で禁止されていないならばお金をかけて遊んでも大丈夫です。儲けた場合にはきちんと確定申告をしましょう。店舗型のカジノならばリアルタイムでお金を引き出せるので問題はありません。しかし、オンラインの場合には出金まで時間がかかることがあります。多額のお金を入金していたサイトが閉鎖してしまって、大きな損失を被ったという人もいます。請求をしようとしても海外のサイトなのでハードルは高いでしょう。
海外のサイトで気をつけておくべきなのは、詐欺だけではありません。まともな会社でも法律が変わったり、規制が入ったりして閉鎖に追い込まれることがあります。くれぐれも大金を預けておくことは避けておきましょう。海外の会社となると請求をしたり、裁判をしたりすることは簡単ではありません。

サイトが閉鎖してしまったら、たとえ日本の会社であっても請求はできないことがあります。なぜなら、請求をする対象が消えてしまっていることがあるからです。サイトが閉鎖されても、会社が存続しているならば請求は可能です。会社自体が倒産してしまった場合には、破綻手続きの中で一部のお金は回収できるとしても、全額の回収は難しいでしょう。
海外の会社の場合には、たとえ会社が存続していても請求することが難しいでしょう。裁判を起こす先は海外の住所となるので、弁護士費用なども高額になりがちです。被害額が数十万円程度である場合には割りにあわないかもしれません。
海外のオンラインカジノで遊ぶ場合には、このようなリスクについて気をつけておくべきです。出金方法についてはあらかじめ確認をしておき、儲けたらすぐに出金できるようになっているところがよいでしょう。