カジノの本場はどこにあるのか

色々な国でカジノをプレイしていると本場の国がどこなのかが気になることもありますが、カジノが最も盛んな地域は世界的に見るとラスベガスがそれに当たります。市内全体が遊技場と言っても過言ではないこの地域では、ホテルや専用の遊技場にあるカジノで遊ぶことができるので、世界中から観光客とギャンブラーが集まってきます。カジュアルなスタイルで入ることができる気軽なお店から、ドレスコードがあり正装でなければ入れないお店まで、その時の気分に合わせて選べるので、旅行に行って遊び続けても飽きることがない地域です。お店によっては日本語を話せるスタッフも常駐しているので、初心者でルールが理解できない方や使い方がわからない場合でも日本語で教えてくれるので安心してラスベガスで遊ぶことができます。

カジノの本場はラスベガスであることは不動ですが、アジアではマカオがかなり有名な地域です、年間の収益はラスベガスを超えるほどの収入があり、中華圏のギャンブラーはもちろんアジアや世界各国から遊びに来る人がいます。特別行政区なので、エリアは狭いですがその中に無数の遊戯施設がひしめき合っているので、旅行に出掛けても毎日違う遊戯施設でのプレイが可能です。アジアに限って言えばマカオが本場と言っても違和感は無いほどの規模なので、知名度は抜群です。日本からもかなり近く数時間のフライトで到着できるので、ギャンブル好きの方やカジノを愛してやまない人たちがこぞって旅行に行く地域でもあります。どのゲームでも大当たりすれば数億円のお金になることも珍しくないのがマカオのカジノの驚くべき点です。

カジノの本場のラスベガスに集まってくる人の中には一攫千金を夢見て全財産を賭けて勝負をしたり、人生の一大勝負として借金をしてまでお金をつぎ込む例も少なくありません。もちろんすべての人が勝つわけではありませんが、大金をつぎ込んだ人の中には見事大当たりを引き当てることができ、その後富豪の仲間入りをした人も稀ながらいます。常識で考えられないほどのお金の流れがあるのがラスベガスのすごい所ですが、人生を賭けた大勝負はマカオでも繰り広げられることがあります。今ではアジアでもアメリカでもカジノが盛んに行われており、収益の高さをもって本場とするのか、あるいは規模の大きさともって本場とするのかで意見が分かれる所です。しかしながらどの国の遊技場も数多くのギャンブラーが勝負に訪れるのは事実です。